ホームへ活動のページへ情報のページへ特集のページへ市場のページへ会社のページへ
2011年4月25日 掲載
【大名タケノコ】十島村産「大名タケノコ」出発式が行われました。
 十島村は、トカラ列島と呼ばれ、屋久島と奄美大島の間約160kmに及ぶ「南北に長い村」で、有人7島と、無人5島の合わせて12の島々で構成されています。
 「大名タケノコ」はアクが少なく食べやすいのが特徴で、その名前の由来も「昔、お殿様が”おいしい”と太鼓判を押したから…」との説もあるほどです。
 今回、出発式にあわせ「試食会」も実施。ホイル焼き・煮物・卵炒め等を作りました。
 中でも「レンジで作るメニュー」は最も手軽に出来上がりましたので紹介します。

【大名タケノコ】レンジでチンのお手軽レシピ
1)大名タケノコ上下のかたい部分を切りとる
2)皮付きのまま、真ん中の部分をラップでくるむ
3)レンジで5分
4)手で皮がむけるくらいさまして皮をむく
5)食べやすい大きさに切る
6)「マヨネーズしょうゆ」「酢味噌」など、好みのソースをつけて食べる。

※尚、レンジから取り出した直後の「大名タケノコ」は、とても熱くなります。やけど等十分にお気をつけください。
2011年4月21日 掲載
【マンゴー】<速報>平成23年産かごしまマンゴー出発式
 鹿児島市場では、鹿児島県産マンゴーの入荷が本格化してきました。マンゴーといえば、鹿児島を代表する人気のフルーツ。買受人さんの注目も高く、「競り」でも大いに盛り上がりをみせています。
 そんな中、鹿児島市場にて今回初めて「かごしまマンゴー出発式」が行われました。
  
2011年2月1日 掲載
【桜島大根】第9回こどもたちが育てた桜島大根まつり
今回で9回目となった「こどもたちが育てた桜島大根まつり」が、平成23年1月29日土曜日に行われました。
鹿児島が誇る世界一大きい大根「桜島大根」を育てている子供達を応援しようとはじまったこのイベントは、第1回目桜洲小学校・桜峰小学校の2校からはじまり、その後黒神小学校、東桜島小学校と加わりました。
そして、今回から石谷小学校(鹿児島市)と青戸小学校(南九州市)の2校が新たに参加。計6校の桜島大根488本が「せり場」に並びました。
当日は、6校の皆さんも朝早くから青果市場に駆けつけ、せりを見守り、1本3000円と最も高い値がついた時は場内に歓声が響きました。
[...詳細]
[丸正]鹿児島青果(鹿児島市中央卸売市場青果市場)