ホームへ活動のページへ情報のページへ特集のページへ市場のページへ会社のページへ
2009年12月12日 掲載
プレミアムデコポン「大将季」の出発式がありました
2009年12月11日(金)
鹿児島市中央卸売市場青果市場中央通路

皮がむきやすい、種がなくて食べやすい、とっても美味しいと評判の「デコポン」ですが、鹿児島発のプレミアムブランド「大将季【だいまさき】」の出発式がありました。

このデコポン、果皮、果肉が通常のデコポンより「紅い」のが特徴です。

平成9年に枝変わりが発見され、品種特性調査を重ね、平成18年8月に品種登録されたまだまだ新しい品種です。

鹿児島青果での販売2年目となる今年、買受人さんの認知度もあがり、プレミアムブランドとして定着しつつあります。

お歳暮等冬のギフトに、鹿児島発のブランド「大将季」をどうぞ。

(写真:JAさつま日置、JAそお鹿児島のみなさん)
2009年12月2日 掲載
JA鹿児島いずみのアールスメロンがクリスマスを連れてきました
12月2日、JA鹿児島いずみのアールスメロンが入荷しました。

当日は、生産者の方々もせりに立ち会うため、鹿児島市場にいらっしゃいました。

期待の高さからか、たくさんの買受人さんが集まる中、試食芳醇なメロンはクリスマスにピッタリということで、せり前には、クリスマスソングが流れれ、あいさつ、試食が行われ、鹿児島市場はちょっとしたクリスマス気分になりました。

みなさまも、是非鹿児島いずみのアールスメロンでクリスマス気分を味わってください。

2009年12月1日 掲載
桜島小みかん出発式
12月1日鹿児島の誇るブランドフルーツのひとつ、「桜島小みかん」の入荷がはじまりました。

当日は、せり前に「桜島小みかん出発式」が盛大に行われました。

桜島小みかんは、鹿児島のブランドとして「鹿児島ブランド」の認証の取得、食の安心安全を主旨とする県の「かごしまの農林水産物認証制度(bQ12043)」の認証を受け、更なる品質向上を目指しています。

お歳暮に「桜島小みかん」をよろしくお願い致します。
2009年11月20日 掲載
鹿児島初登場!ハローキティバナナくん
ハローキティのラッピングがとってもかわいいバナナが入荷しました。

産地はエクアドル。食感は、もっちりホクホクしています。

また、こだわりのHSB製法(HIROKA SWEET PROCESS FOR BANANA)で、「甘さ」「こく」「香り」をアップ。

店頭でみかけたら是非ご賞味ください。
2009年11月17日 掲載
佐賀産ゼスプリゴールドキウイが入荷しました。
 「果肉がきれいな黄色」「甘味が強い」「食べやすい」として人気のゼスプリゴールドキウイ。最近お店で見ないなと思って寂しい思いをしている方も多いのでは!?

 これは、産地であるニュージーランドの今シーズンの収穫が終わったからなのです。

 輸入果実のイメージが強い「ゼスプリゴールドキウイ」ですが、実は国内(愛媛・佐賀)で栽培が行われていて、これら国内の産地では今からシーズンを迎えます。

 鹿児島には佐賀産が入荷し、入荷は来年1月はじめまでの見込み。

 キウイの栄養価が高いことは、テレビ等でもよく取り上げられますが、朝食として、食後のデザートとして是非お召し上がりください。
2009年10月1日 掲載
今年の十五夜のディスプレイ
10月に入り、南国鹿児島でも朝晩は少しづつ涼しくなってきて、秋が近づいてきていることを実感します。

そんな秋を代表する行事の一つが「十五夜」。今年は、10月3日です。

「十五夜」は、中秋の名月を鑑賞だけでなく、これから始まる収穫期を前に、収穫を感謝する意味合いがあります。

鹿児島青果では、今回写真のようなお供え物を現場に作りました。

少雨に悩まされた2009年夏。作物には厳しい条件だったかもしれませんが、私達はこうしてしっかり育ててくれた、生産者のみなさま、自然の力に感謝をし、この日を迎えたいと思います。
2009年8月22日 掲載
JA全農徳島 すだち試食宣伝会
平成21年8月22日(土)

鹿児島青果の売り場において、「JA全農徳島」さんと、「すだち大使」さんをお迎えして「すだち」の試食宣伝販売がありました。

「すだち」は徳島県の特産品で、徳島県のマスコット「すだちくん」としても活躍しています。

さて、今回試食の為に「焼きエリンギ」「お吸い物」の2品を用意。どちらもすだちを搾って食べました。

すだちのすがすがしい風味が素材を活かし、買受人さんの評判もよかったです。

すだちは他にも、冷やしそうめん・刺身・から揚げ・焼きしいたけ等々にピッタリです。是非ご賞味ください。
2009年8月3日 掲載
バナナを配布し、錦江湾横断遠泳を応援しました。
 ※7月27日と28日、鹿児島市の清水小学校と松原小学校の伝統行事「錦江湾横断遠泳」が行われました。
みんなに完泳してもらいたいとの願いから、練習〜遠泳当日まで、潟hールのみなさんと鹿児島青果でバナナを配布しました。
バナナはスポーツとの相性が良く、さまざまな糖質が含まれているので、即効性と持続性の両方を兼ね揃えています。
日頃の練習の成果が発揮され、両校とも全員完泳しました。
2009年7月18日 掲載
JAさつま日置「ハウスみかん」の入荷が始まりました
当日は、通常の「ハウスみかん」に加え、糖度12度以上のプレミアムみかん「ハウスパンダリン」が売場に並びました。

せり前には、農協の方の挨拶、試食とあり、「デコポン」「ポンカン」といった品目を出荷する県内有数の果樹産地とあってたくさんの買受人さんが集まり、次々と競り落とされていきました。

JAさつま日置は、安心と安全に関する一定の基準に基づき審査・認証機関が認証する鹿児島県独自の認証制度である「かごしまの農林水産物認証制度」を「デコポン」「マンゴー」に続き、平成21年6月16日この「ハウスみかん」でも認証を受けました。
2009年6月25日 掲載
JAそお鹿児島のハウスみかん「西郷どんみかん」の入荷がはじまりました
お中元シーズン真っ只中、鹿児島の夏を代表するくだもののひとつ、JAそお鹿児島のハウスみかん「西郷どんみかん」の入荷が始まりました。

せり前には、JAそお鹿児島・鹿児島県経済連の方をお迎えして、出発式を行いました。

その後、買受人さんへ試食が行われ、「美味しいねぇ♪」の声が所々から聞こえてきました。

夏に美味しいみかんを、、お中元に是非ご検討ください。
2009年5月12日 掲載
鹿児島産マンゴーの入荷が最盛期をむかえました
初夏を迎えた、鹿児島青果の果実現場には、トロピカルなあま〜い香りを漂わせる一角があります。

そこは、マンゴー売り場。買受人さんが「まるでマンゴー畑じゃ」と例えるくらいたくさんのマンゴーが入荷しています。

入荷は7月中頃まであり、県内各地で栽培されています。
2009年3月13日 掲載
ドール商品セミナー開催
3月13日(金)鹿児島青果におきまして、「ドール商品セミナー」が開催されました。
朝6時30分より果実売場にて「ラカタンバナナ」他バナナの試食宣伝や商品紹介、また9時からは鹿児島青果会議室におきましてセミナーが開催されました。
会場では多くの買受人さんが集まり、商品の説明に熱心に耳を傾けていました。
2009年1月31日 掲載
第7回 こどもたちが育てた桜島大根まつり
毎年恒例になり、今年で7回目になった「東桜島」「桜洲」「黒神」「桜峰」の4小学校の桜島大根。1月31日「せり」が行われました。

近年入荷数も少なくなった桜島大根ですが、この日は500本を超え、そのひとつひとつに子供達から買った方へのメッセージも添えられ、非常に活気のある現場となりました。

出荷した小学生たちも、朝早くから「せり」の見学に市場にやってきました。

せりがはじまると「よろしくおねがいしま〜す♪」の声があちこちからあがり、その声に押されるように次々とせり落とされていきました。

※詳細ページを添付してあります。
[...詳細]
2009年1月16日 掲載
F1桜島大根品種検討会
2009年1月16日(金)鹿児島市中央卸売市場青果市場において、鹿児島大学農学部、鹿児島県農業開発総合センター、鹿児島県地域振興局、鹿児島市生産流通課、鹿児島市都市農業センター、JAグリーン鹿児島さんと、市場関係者が集い、F1桜島大根品種検討会が行われました。

このF1桜島大根とは、鹿児島大学農学部の桜島大根の系統をもとに鹿児島市都市農業センターが作出したもので、現在JAグリーン鹿児島さんの協力で桜島3戸の農家さんが試作しています。

外観、断面、味覚の評価があり、特に味覚については「青首大根」「桜島大根」「F1桜島大根」の煮込みで、硬さ、しみこみの程度、味、煮崩れの程度の比較を行いました。

鹿児島を代表する伝統野菜「桜島大根」を残していくため、安定的生産と供給に向けた取り組みを、鹿児島大学農学部・鹿児島県・鹿児島市の3者が平成15年度以降連携し行っています。

鹿児島青果も様々な面から「桜島大根」を応援していきたいと考えています。
[丸正]鹿児島青果(鹿児島市中央卸売市場青果市場)