ホームへ活動のページへ情報のページへ特集のページへ市場のページへ会社のページへ
昭和23年 7月 「丸正青果貿易株式会社」(現在の会社前身)を創立
  8月 営業開始
昭和24年 8月 鹿児島市中央卸売市場卸売人として、許可を受ける
  9月 称号を「鹿児島県青果株式会社」と改称
昭和26年 1月 称号を「鹿児島青果株式会社」と改称
昭和32年 8月 貿易業務営業開始
昭和33年 9月 冷蔵倉庫業開始
昭和36年 2月 子会社「鹿児島農産加工株式会社」を設立
昭和46年 7月 卸売市場法が施行される
昭和47年 4月 鹿児島市卸売市場業務条例が施行される
  7月 沖縄本土復帰により貿易部を商事部に改称
昭和57年 3月 業務処理合理化のため電算機導入(ACOS−250)
昭和60年 4月 電算機レベルアップ(ACOS−410)
平成  2年 6月 電算機レベルアップ(ACOS−3300)
平成  6年 3月 沖縄営業所営業廃止
平成  8年 9月 電算機レベルアップ(ACOS−7300)
平成10年 7月 創立50周年を迎える
平成11年 4月 ホームページ開設
  8月 子会社「鹿児島農産加工株式会社」を解散
平成12年 3月 九州ネットワーク事業(市場間取引)開始
平成13年 9月 電算機レベルアップ(i−PX7300)
    オープン(イントラ)の取り組み開始
平成20年 1月 基幹システムのフルオープン化(EXPLANNER/Vf)
[丸正]鹿児島青果(鹿児島市中央卸売市場青果市場)